MENU

小規模企業共済制度を利用しよう

小規模企業共済制度は、個人事業主または会社等の役員の方が事業をやめられたり退職された場合に、生活の安定や事業の再建を図るための資金をあらかじめ準備しておく国がつくった共済制度です。

 

個人事業開業をした人または会社等の役員の場合は、勤め人で無いわけですから、定年がないかわり、退職金も無いわけですから、年をとった時の事を考えると不安ですね。

 

これは、そんな時にそなえるための、「小規模企業の経営者のための退職金制度」と考えていいでしょう。

 

共済に加入すると、毎月掛け金を支払っていく事になるので、独立下手の場合は、負担に感じるかもしれませんが、掛金は全額所得控除となりますし、掛け金も1000円ぐらいから自分で払える分で始められます。

 

また最終的に受け取る共済金も退職所得扱い又は公的年金等の雑所得扱いとなり、税金面でも有利です。

 

また、創業転業時貸付けというものもあり、新規開業融資もしてくれるので低金利の事業ローンを組むこともできます。

 

この制度の運営は、独立行政法人中小企業基盤整備機構が行っていますので、独立する場合は、独立行政法人中小企業基盤整備機構のホームページなどでチェックして見てください。

小規模企業共済制度を利用しよう関連ページ

事業主には、一日公庫のご案内がくる
独立開業や在宅副業など収入を増やすための色々な方法、ビジネスについてまとめています。始業資金の調達のための借り入れやビジネスローン、色々なビジネスの方法などについてもヒントになるように書いています。
在宅ワークで開業資金を作る
独立開業や在宅副業など収入を増やすための色々な方法、ビジネスについてまとめています。始業資金の調達のための借り入れやビジネスローン、色々なビジネスの方法などについてもヒントになるように書いています。
資金は融資だけでなく助成金の活用も
独立開業や在宅副業など収入を増やすための色々な方法、ビジネスについてまとめています。始業資金の調達のための借り入れやビジネスローン、色々なビジネスの方法などについてもヒントになるように書いています。