MENU

在宅ワークで開業資金を作る

独立するためには、どんなビジネスでも多少の資金は必要ですね。まっ副業の場合でも必要なこともあるかもしれませんが。

 

開業資金の調達に、政府系の金融機関で、事業融資をうければ、低金利で借りることは可能なことは可能です。

 

とくに、ビジネスによっては店舗取得や設備投資など、大口ローンを組まざるおえない場合などは、金利の安い公的な融資資金をりようすべきでしょう。

 

しかし事業ローンを返済しながらビジネスをしていくというのは、楽なことではありませんよね。

 

独立後の事を考えれば、できるだけ自己資金で済ませたいところです。

 

しかし、会社勤めをしながら資金を貯めるには、給与だけでは、何年も時間がかかってしまうでしょうから、独立がのびのびになって、チャンスを失ってしまうかもしれません。

 

つまり開業資金をためるためには、別途何かで収入を得る方法を考える必要があります。

 

もちろん、仕事をしながら別の仕事をもつというのは、らくなことではありませんが、1年程度集中してがんばる程度ならば、独立という目標のためならなんとかできると思います。

 

方法としては、帰宅後の時間を利用しての>在宅ワークで稼ぐが考えられます。

 

在宅ワークは、ほとんどPCスキル、またはネット系のものなので、多少のPCの扱いはできなくてはなりませんが、通勤時間がないのでいいでしょう。

 

充分なネットスキルがあれば、自ら、オークションで稼ぐとか、アフィリエやドロップシッピングで稼ぐなどネットで稼ぐ方法をとってもいいでしょうね。

 

また不要品などを売却して、ネットオークションで稼ぐぐと資金の足しになると思いますし、逆にオークションで開業のための什器などを中古で安く揃えるのもいいでしょう。

 

PCは苦手という人は、定休日などを利用して、日雇いバイトをするという手もあります。

 

あるとい派遣会社などに登録するといいかもしれません。但し副業禁止規定のある会社の場合、注意が必要です。

在宅ワークで開業資金を作る関連ページ

事業主には、一日公庫のご案内がくる
独立開業や在宅副業など収入を増やすための色々な方法、ビジネスについてまとめています。始業資金の調達のための借り入れやビジネスローン、色々なビジネスの方法などについてもヒントになるように書いています。
小規模企業共済制度を利用しよう
独立開業や在宅副業など収入を増やすための色々な方法、ビジネスについてまとめています。始業資金の調達のための借り入れやビジネスローン、色々なビジネスの方法などについてもヒントになるように書いています。
資金は融資だけでなく助成金の活用も
独立開業や在宅副業など収入を増やすための色々な方法、ビジネスについてまとめています。始業資金の調達のための借り入れやビジネスローン、色々なビジネスの方法などについてもヒントになるように書いています。