MENU

事業融資記事一覧

個人事業主で、確定申告をしているだけで、それが>独立開業者ではなくも、副業だとしても、おそらく、商工会議所から、一日公庫のお知らせなどがとどくと思います。これは、商工会議所が、日本政策金融公庫の事業ローン融資の相談にのってくれる相談会で、事業融資を受けたい人にはとてもありがたい制度です。もちろん、開業のための融資なので、副業で利用するものではありませんがね。この利点は、自分で、日本政策金融公庫の窓...

独立するためには、どんなビジネスでも多少の資金は必要ですね。まっ副業の場合でも必要なこともあるかもしれませんが。開業資金の調達に、政府系の金融機関で、事業融資をうければ、低金利で借りることは可能なことは可能です。とくに、ビジネスによっては店舗取得や設備投資など、大口ローンを組まざるおえない場合などは、金利の安い公的な融資資金をりようすべきでしょう。しかし事業ローンを返済しながらビジネスをしていくと...

小規模企業共済制度は、個人事業主または会社等の役員の方が事業をやめられたり退職された場合に、生活の安定や事業の再建を図るための資金をあらかじめ準備しておく国がつくった共済制度です。個人事業開業をした人または会社等の役員の場合は、勤め人で無いわけですから、定年がないかわり、退職金も無いわけですから、年をとった時の事を考えると不安ですね。これは、そんな時にそなえるための、「小規模企業の経営者のための退...

開業資金や、設備投資など、色々な時の資金について、業融資を受けるだけでなく、助成金の活用も考えてみてはどうかと思います。助成金は、事業ローンではないので、審査に通って、受け取る事ができれば、返済をする必要のないお金なので、融資に比べれば金額は少ないかもしれませんが、上手に受ける事で、経営が楽になると思いますので、独立開業をする人は、助成金や補助金の知識も持っておくべきでしょう。たとえば、中小企業雇...