MENU

在宅副業でアルバイトなど従業員を雇う場合も注意が必要

あまり在宅副業する人がひとを雇う事は考えにくいかもしれませんが・・・

サラリーマンが在宅副業をする場合、帰宅後の時間だけで全部ができるわけではなくなるので

アルバイトやパートなども必要になってきたりすることがあるのです。

在宅副業の場合、個人事業主としてやっていることになると思いますが、

個人事業開業者であっても、人を雇うさいには、労災保険の手続や雇用保険の手続はしなくてはならない可能性が大きいのです。

とくに労災保険は、加入条件がないので、短時間短期間のアルバイトの人では加入させなければならないのが基本です。

これは在宅副業であるか、独立開業であるかは全く関係なく必要なことです。

費用保険は特に、法改正されてからは、30日以上、週二十時間以上働く見込みのある人に加入させることになりましたので、アルバイトをちょっと野党という場合でも必要になってくるのです。

個人事業主が人を雇う場合の手続については、このサイトが特に役立つ情報となるでしょう。

在宅副業に関するいろいろなビジネスについてはこちらがお勧め。


在宅副業でアルバイトなど従業員を雇う場合も注意が必要関連ページ

テレフォン秘書で在宅副業
独立開業や在宅副業など収入を増やすための色々な方法、ビジネスについてまとめています。始業資金の調達のための借り入れやビジネスローン、色々なビジネスの方法などについてもヒントになるように書いています。
副業を持つことが当たり前の時代になりそうです
独立開業や在宅副業など収入を増やすための色々な方法、ビジネスについてまとめています。始業資金の調達のための借り入れやビジネスローン、色々なビジネスの方法などについてもヒントになるように書いています。