在宅副業に役立つ情報

在宅副業、家で仕事をしたいと思っている方の疑問や悩みに役立つ情報をまとめました。
より詳しく知りたい場合は各サイトにいってみてください。

 

在宅ライターを副業という形でやってみたいと思っているのですが質問があります。

わたしは現在1日7時間のアルバイトをしています。
週2日の休みの間、副業として在宅ライターをやってみたいのです。
基本的にタイピングは得意中の得意で(イータイピングの腕試しスコア最高557)ワードかなにか使うかわかりませんがそういうのに打ち込んでいくスピードには問題ないとおもいます。
しかし自分で情報を集めて自分で考えた文章を書くとなったら話はかわってくると思い、現在文章術の本を読んで、文章を書く基本から、記者式文章術という本まで勉強をしています。
在宅ライターは詐欺が多いとか、育児の片手間にやるものではないとか、内職であって単価が安いとか、おすすめしないとか・・・
それでもわたしは月に1万〜3万くらい稼げればいいかなとか考えているのですが甘いでしょうか?
在宅ライターを名乗って仕事をされている方でどこから仕事を請け負うのか、注意点もろもろとか
まったく在宅ライターのしごとがわからず、無知な状態なのでご教授していただければありがたいです

(*著作権は各サイトにあります)

自宅仕事で副収入を得る方法「ザ副業達人塾」

自宅でできる仕事を作っておけば退職後の収入も安心・貯金ゼロから脱出!
賃金がなかなか上がらない、人口が減る、年金が危ない、貯金ができない、そんな日本で豊かになるには、副収入を持つことがベストな方法だと考えられます。
少なくとも定年退職前に、副収入を得られる準備はしておくべきです。
家事や育児で忙しい主婦でも、仕事で忙しいOLや会社員でも可能な副収入の方法は、自宅でできる仕事でしょう

(*著作権は各サイトにあります)

育児休暇中の在宅副業

現在、正社員で12月から産前産後休暇に入り(会社より有給休暇扱)、
その後、育児休暇を満1歳になるまでとる予定です。
育児休暇中は会社からは無給ですが、雇用保険から育児休業給付をもらう予定です。
現在、副業として、身内の仕事(個人事業主)の経理・庶務を
毎日ではないですが、主に会社帰宅後や土日等に在宅でしていて
月額8万円もらっています。
源泉徴収して確定申告もしています。
この副業は、育児休暇中も続けても給付金・社会保険料の免除等に
影響ないでしょうか?
育児休暇をとる勤めの会社は、
競業のアルバイトは禁止していますが、
その他については特に規定がありません。
身内の手伝いなので無理のない範囲で融通がきいて
できるということと、私以外、身内の個人事業主が
頼めそうな人の心あたりがないようなので
続けたいと思っているのですが、可能でしょうか?

(*著作権は各サイトにあります)

ネットを利用した副業や在宅ワーク、内職を考えています。

こんばんは、昨今の不況の為、今、在宅ワークや副業をしようと考えています。
ネットを検索すると在宅ワークや副業の登録・資料請求のサイトがたくさん出てきますが、一番初めに資料請求をしようとした会社が仕事前に48万円ほど支払わなければならない、いわゆる「悪徳業者」だったので、不安でサイトに登録や資料請求などが出来ずにいます。
そこで、今までネットを利用した副業や在宅ワーク(手作業の内職でも構いません)のサイトに登録や資料請求をしたことがある方で、信頼のおける会社様に出会えたことがある方に、お話を聞きたいと思い、こちらに投稿させていただきました。
自分でも色々と探してみましたが、どこの登録・斡旋サイト様が安全なのか分かりません。
ご経験のある方、どうぞご回答よろしくお願い致します。
ちなみに私のパソコンスキルは、情報系の大学に通っていましたので、エクセル・ワード・インターネット共に一般レベル程度に出来ると思います。

(*著作権は各サイトにあります)

在宅副業記事一覧

dummy

あまり在宅副業する人がひとを雇う事は考えにくいかもしれませんが・・・サラリーマンが在宅副業をする場合、帰宅後の時間だけで全部ができるわけではなくなるのでアルバイトやパートなども必要になってきたりすることがあるのです。在宅副業の場合、個人事業主としてやっていることになると思いますが、個人事業開業者であっても、人を雇うさいには、労災保険の手続や雇用保険の手続はしなくてはならない可能性が大きいのです。と...

dummy

在宅ワークで月に10万円暗い稼げるような仕事は早々ありませんが・・・電話で在宅で秘書ができる。その時給は1000円以上になるというのですから、結構高額な在宅仕事です。ベンチャーや個人事業開業で、人を雇えない零細な事業者にとっては、会社の電話受付嬢をやすく雇えるのと同じことで、重宝するようです。ただし、ただの電話番というわけではなく、こちらから電話を相手先にして用件を伝えたり、得た情報をPCで入力し...

dummy

日本の自動車メーカーや電機メーカーなど、副業を許可する所などでてきましたね。もはや正社員でも十分な給与がえられない、副収入を稼ぐことが不可欠な時代に入っていると言うことです。就職しても、副業をもつことも考えて行かないと、いつリストラにあったり、会社が倒産したり、ワークシェアリングで、給与が半分近くになってしまったりするか分かりませんから。在宅の仕事がなにかあれば、色々な意味で保険的な役割を果たして...

このページの先頭へ戻る