MENU

飲食店開業と事業資金

飲食店開業はやっばり脱サラでは人気のビジネスです。個人事業者もたくさんいますね

 

飲食店開業は、全くノウハウのない脱サラ組が多いので、フランチャイズ加盟が多いようです。

 

フランチャイズ加盟すれば、全てのノウハウを教えてくれるので、失敗が少ないといえるかもしれません。

 

しかし、ただでさえ、店舗の取得や改装には相当の資金がかかりますので、大口ローンを組んで開業資金を用意する必要があります。

 

よくフランチャイズ加盟で勧められるのは、国民生活金融公庫融資からの事業融資だと思います。

 

大口ローンとなると、相当の金利がかかり、返済は大変ですから、低金利で借りる必要がありますので、当然の事です。

 

返済に追われて、事業の経営の継続が困難になってしまうようでは、独立する意味がありません。

 

事業融資を受けて、事業ローンを組む場合、一番大切なのは、やはり金利です。

 

このところ金利が下がっていますので、ローンを来るのはチャンスだと思いますが、それでもやはり民間の金融機関の融資の金利では、返済はかなりたいへんだと思います。

 

大口の融資でも、国民生活金融公庫などの政府系の金融機関を利用すれば、低金利でローンを組むことが可能です。

 

法人ではなく、人事業開業の場合でも、ちゃんとした事業計画があれば、健康な金額の融資もしてくれます。

 

独立開業を成功させるためには、きちんとした事業計画を立て、公的な融資を受けられるようなものでなくては、ならないと思います。

飲食店開業は人気関連ページ

副業でも個人事業主になるから注意
独立開業や在宅副業など収入を増やすための色々な方法、ビジネスについてまとめています。始業資金の調達のための借り入れやビジネスローン、色々なビジネスの方法などについてもヒントになるように書いています。
開業資金の調達方法
独立開業や在宅副業など収入を増やすための色々な方法、ビジネスについてまとめています。始業資金の調達のための借り入れやビジネスローン、色々なビジネスの方法などについてもヒントになるように書いています。