MENU

開業資金の調達方法

独立にあたて、自己資金だけでは開業資金が足りない場合は、政府系の金融機関の事業融資制度を利用すると、低金利で借りられるので事業のリスクも減らせるでしょう。

 

また、政府系以外にも、各都道府県には、色々な事業資金の融資制度がありますので事業を行う場所の自治体を調べてみましょう。

 

新規開業融資だけでなく、一時的な資金難に対応できるような、>つなぎ融資のような貸し出し制度もたいていは用意されていますので、独立後も利用できるものがあると思います。

 

いずれも低金利の事業ローンとなりますので、民間で融資を受けるよりも遥かに、返済のリスクは減ると思います。

 

新規創業といってもも、ゼロからの創業ではなく、すでに事業を行っている者や起業が、新たに別の事業を興す場合の事業ローンもあります。

 

つまり多角経営に乗り出すための資融資制度のようなものです。

 

また、多額の設備投資が必要になるような事業、温泉を掘るなどする場合、億の資金が必要になりますが、政府系の金融機関の事業融資では、そのような大口ローンもありますので、資金がないから、せっかくのチャンスなのにというものがあれば、あきらめずに血来してみるといいでしょう。

開業資金の調達方法関連ページ

副業でも個人事業主になるから注意
独立開業や在宅副業など収入を増やすための色々な方法、ビジネスについてまとめています。始業資金の調達のための借り入れやビジネスローン、色々なビジネスの方法などについてもヒントになるように書いています。
飲食店開業は人気
独立開業や在宅副業など収入を増やすための色々な方法、ビジネスについてまとめています。始業資金の調達のための借り入れやビジネスローン、色々なビジネスの方法などについてもヒントになるように書いています。