MENU

独立のリスクと備え

副業の場合は、企業に勤めながらということで、病気や事故に備えたリスクも、通常の保険に入っていれば、ある程度カバーできます。

 

しかし、独立後のリスクはもっと高まりますので、備えはより充実させたものとして考えて億必要があります。

 

当然のことですが、脱サラして、独立した場合、厚生年金や、健康保険など、一部会社が負担して、加入していたものは、脱会になります。

 

国民年金や、国民健康保険に加入するなど社会保険の手続きは自分自身でしなければなりません。

 

独立した場合、自分が病気や怪我したときの心配はより高くなりますので、自分や家族のためにも、がん保険、入院保険などの医療保険をじっゅうじつさせておくことを考えた方がいいでしょう。

 

また、女性起業家の場合は、女性特有の疾病に対する保険、女性がん保険などに加入しておけば、入院費用、治療費以外にも、乳房再建手術の費用や、カツラの費用、保育の費用なども対象となりますので、考えておいてもいいでしょう。

 

治療費や入院費用は保険でまかなえても、独立後に、疾病などで入院して働けなくなったときに困るのは、仕事が出来なくなって、収入が途絶えてしまうことですね。

 

死亡保険の見直しは定期タイプの掛け捨てにするとお得です。

 

企業のように定年退職後の退職金も、経営者には基本的に無いわけですから、退職金の事も自身で考えておくひつようがあります。

 

中小の企業者向けには、中小機構共済というものがあり、疾病の時のための貸付制度や退職金のような積み立てなどができるようになっています。

団塊世代退職後の副業、独立の注意点

団塊世代の退職がどんどん始まっていますね。

 

まだ団塊世代ぐらいまでは、ある程度の年金が確保されていますので、最低限の生活費程度は年金でまかなえる人が殆どではないかと思います。

 

ただ、一部の技術のある人を除いて、再就職は簡単ではないと思いますので、年金プラスαの収入を得ることはそんなに簡単ではないどてしょう。

 

団塊世代の第二の人生として、独立開業をされる方や、副収入を得ることを考える人はそれなりにいらっしゃるのではないかとおもします。

 

農業を初めの方、そば打ちをされる方、など現役時代では出来なかった、自分の興味、趣味に合うようなところで副収入を得たり独立開業をしたりされるのはとても良いことだと思います。

 

ただ、そんな団塊世代の夢や希望、そして団塊世代マネーを狙った悪徳な商法が今後も出てくると思いますので、最新の注意を払って頂きたいと思います。

 

とくにあまりインターネットなどを利用する人は団塊世代ではすくないでしょうから、在宅ワークなどをさそう内職商法や、リゾート投資など、色々な情報を早く仕入れることがすくないと思いますので、特に注意して頂きたいと思います。

独立のリスクと備え関連ページ

独立開業できるかどうかは結局行動力
独立開業や在宅副業など収入を増やすための色々な方法、ビジネスについてまとめています。始業資金の調達のための借り入れやビジネスローン、色々なビジネスの方法などについてもヒントになるように書いています。
店舗、営業事務所の取得
独立開業や在宅副業など収入を増やすための色々な方法、ビジネスについてまとめています。始業資金の調達のための借り入れやビジネスローン、色々なビジネスの方法などについてもヒントになるように書いています。