パートナーを見つけることも独立開業に有効だ

独立開業ビジネスを始めるには、パートナーを見つけることも大切だと思います。

とにかく行動力があって、何でもすぐ実行してみるというような人は別として。

思っていてもなかなかスタートできない、独立開業希望者は、パートナーを見つける事です。

実は日本では、独立開業意識が強初人が、米国よりも多いという調査報告あり、いくらでも
独立開業を志望する人を見つける事ができます。

ですから、一人で全てを考えるのではなく、一緒にできる人を捜すというのも重要だと思います。

特に自分の不得意な部分を得意とする人をパートナーにすればお互いメリットがあります。

経理が得意でなければ、簿記などの強い人は頼りになります。

営業が苦手ならば、営業が好きな人がいいでしょう。

ネットビジネスなどては、企画ややアイディアがあっても、実現できないと思ったら、プログラマーなどと手を組めばいいと思います。

パートナーといっても一人だけでなく、数人でグループを作っていとう方法もあると思います。

特に、この時代、ネットをかいすれば、いつでも情報共有でき、コミュニケーションもとれるわけですからね。

女性起業と資格

女性の起業独立にお勧めなビジネスを考えてみましょう。

 

健康、美容関連のビジネスは、女性の起業に人気があります。

 

ネイリスト、エステ、健康系だと、リフレクソロジー、整体、カイロプラティックなど、色々な美容、健康に関するビ゛シネスがあります。

 

どれも民間の資格ですので、民間資格取得スクールに通えば資格取得可能です。

 

ただ、資格取得しなければ開業できないわけではなく、独学でもスキルがあれば、問題ありません。

 

業界を知るという面では、資格取得スクールに入った方がいいのは確かです。

 

民間の資格取得は、さほど難易なわけではありませんので、誰でも取得できますが、問題は取得後の開業ですね。

 

サロンや院を開業するのには、テナントや店舗をかりるとるなると相当の資金が必要になりますね。

 

店を持たず、出張サービスだけで、行えば、さほど資金が無くても開業することはできます。

 

ある程度それで資金を貯めてからというのもいいでしょう。

独立に役立つ情報

独立

大きく稼ぐ事は出来なくてもいいのですがコツコツと稼げる仕事はないでしょうか?
サラリーマンとして組織に馴染む事が出来ず独立を考えております。
宅建など持ってますが、不動産業界にはもう興味がありません。
何かお勧めがあれば教えて下さい。宜しくお願い致します。

(*著作権は各サイトにあります)

独立に学歴は関係ありますか?

私は、現在 イラストレーターとライター、ブロガー
などで形成を立てていこうと思っています。
イラストレーターは、小学生からの夢です。
ライターやブロガーは、文章を書くことや
人に何かを伝えていくことが好きなので興味を持ちました。
どちらも単純な理由ですが、家の中で
出来る、人より内向的、集団生活が苦手な自分の性格に合ってる仕事と言ったらこれらになりました。
イラストレーターは独学で小企業や個人業の方達などにお仕事を依頼していこうと思ってます。
このような仕事に学歴は問われますか?

(*著作権は各サイトにあります)

独立開業方法|あなたの夢を叶えるために
漠然といつかは「脱サラ」とか「独立」という気持ちだけを持っているたけで 何も行動できずに、何十年もたってしまうという人もおおいと思います。
そんなことにならないように、起業、独立を現実のものとしていくためには、まずは とにもかくにも、まずは、計画を立てることです。
それがどんなものでもかまいません。はじめから具体的で、現実可能な開業 計画が書けるようだったら、もうその自他点でかなり具体的になっているはずです。

(*著作権は各サイトにあります)

独立の知識記事一覧

dummy

独立開業は、けして簡単には成功はできないものですが・・・でも、思い切って行動しなければ、失敗もないかわり、成功もありえません。思い切った行動ができるのは、やはり若手時、扶養家族のないときの方がいいと思います。その場合、どうしても開業資金がないから、貯めてから・・・とかもっと社会経験を積んでから・・・とか顧客や人脈を作ったから・・・とか、結局先延ばしにする言い訳ばかりをしてしまい。気づいたら、子供も...

dummy

副業の場合は、企業に勤めながらということで、病気や事故に備えたリスクも、通常の保険に入っていれば、ある程度カバーできます。しかし、独立後のリスクはもっと高まりますので、備えはより充実させたものとして考えて億必要があります。当然のことですが、脱サラして、独立した場合、厚生年金や、健康保険など、一部会社が負担して、加入していたものは、脱会になります。国民年金や、国民健康保険に加入するなど社会保険の手続...

dummy

独立、または副業でも、営業事務所や店舗は欲しい所ですね。自宅開業できればそのほうが開業資金は少なくて済みますが、自宅開業が可能であっても、全てが自宅でとなると困難な事も出てくると思います。そんな時は、レンタルオフィスを借りるという方法もあります。レンタルオフィスならば、オフィス家具や会議室、コピー機などが揃っているので、自宅開業の場合でも併用してもいいと思います。また、自宅を増改築して、店舗併用住...

このページの先頭へ戻る