MENU

資金繰り資金調達は経営者の重要な仕事

経営者の重要な仕事は、事業そのものではありますが、実際には多くの中小企業が資金繰りに大変な思いをしています。

経理部門に資金繰りを任せているようでは、

いざという時が来るまで対応ができず、破たんの可能性は高くなります。

つまり事業経営者は、資金調達資金繰りについての仕事が、事業そのものと同等か

それ以上に重要なこととなるということです。

資金が足りなければ事業融資を受ければいいわけですが

そもそも事業ローンを組んでいない事業所なんてほとんどないわけで、

何か資金が必要になった時に、急に融資を受けるという事がそんなに簡単なわけではありません。

独立開業しようと考える人は、事業そのものとは別に、

資金の調達や資金繰りについて、学んでから独立をする方がいいのではないかと思います。

事業融資については以下サイトがお勧めです。

日本政策金融公庫の融資制度を知っておくのが大切

日本政策金融公庫の融資制度を知っていれば、事業を始めるときに役立つます。

もしろん開業資金の全額を融資してもらえるわけではありませんが

どんなビジネスでも基本的に対象の融資制度が用意されいます。

金利も低く、事業計画がしっかりしていて、それを書面にすることかできれば、

融資をしてもらえるようなっています。

実際にビジネスをしていく中では、開業資金のほかにもいろいろな場面で資金が必要なことが生じますので

公庫だけの融資で経営していけるわけではないのが現実ですが、

真っ先に融資を受けるべきはやはり日本政策金融公庫でしょう。

経営者は、ビジネスだけしていればいいわてけはなく、

成功するためには資金繰り資金調達の知識が欠かせません、

事業ローンは比較してよく検討するようにしましょう。

 

もし金利が高かったり、返済金額が厳しいようであれば、事業資金の借換えを行うべきですね。

独立前に確定申告の知識も

法人を設立して独立開業という場合と、個人事業開業という場合では、申告の仕方も全然違ってきますが・・・

 

おそらく自分でほとんどやせなければならないことになるとおもう、個人事業開業でスタートする方のために、確定申告についてまとめておきます。

商売を始めたら、それが副業だろうが、独立起業開業だろうが、給与以外に年間所得が20万円以上あれば、確定申告はしなければなりません、

ですから、在宅副業程度ならと、ネットビジネスの収入を申告しないでいたりしたら大変なことになりますので、注意してください。

確定申告のその申告方法は、1つではありません。状況に合わせて、選択する事ができるようになにっています。

基本的には、収入がくに応じて、有利なものを選択すればいいでしょう。

白色申告と、2つの青色申告の方法があります。

2つというのは、より簡単に帳簿付けですむ簡易記帳の場合と、本格的な簿記の知識を必要とする、複式帳簿をつける2つの方法です。

もちろん大変な方がメリットがあり、複式帳簿は所得から60万円もの控除を受けられますが、簡易の方は青10といって、10万円だけになります。

白色申告の方は、収入が300万円以下であれば、記帳義務が生じないので経理作業が楽なので、収入が少ないうちは、経理に手間をかけなくてすむ、白色がいいと思います。

但し白色申告であっても収入が300万円を超えると簡易記帳の義務がありますので、その点は注意してください。